連絡すること

足場のレンタルを行う際にはレンタルを行ってくれる企業になるべく早めに連絡する必要があります。必要となる現場状況の立面図等の資料も早めに相手に渡すようにしましょう。

Read More

位置に注意

レンタルで足場を組み立てて貰う時には材木や建材の位置に気をつける必要があります。これらが1m以上足場の基礎となる部分より離れておかないと、組み立ての際に邪魔になるだけでなく、事故に繋がる恐れもあります。

Read More

足場

足場レンタルの特徴

建物を建てている時に必要となってくるのが足場です。建物以外でも、高い所の工事を行う場合には足場が必要となってきます。
この足場がしっかり指定なければ事故の元になってしまい、しっかりとした構造で頑丈である必要があります。
まず工事を行う際には足場を組み立てることから始める事も多く、それだけ足場は工事を行うときに重要になってくるのです。
この足場を利用する際にはレンタルの物を利用することが可能です。
このようなレンタルを行ってくれる企業の中には足場の組立から解体までを一括して行ってくれる企業も存在します。
そのような企業では様々な種類のものを取り揃えており、建物の組み立て工事や、ビル等の修理などにも役に立ちます。
レンタルを行っている企業は多く存在しますが、安全管理に徹底した企業が多いので安心してレンタルすることが出来るのは魅力の一つでしょう。
このような足場のレンタルを利用することによって、工事を安全に、かつスムーズに進めることができるのです。

このような足場のレンタルを行う際の注意点を説明しましょう。
工事を行う際にはしっかりと安心確認を行なわなければ命に関わってくる可能性も出て来ます。そのためにこのような注意点はしっかりと守るようにしましょう。
まず足場の組立、解体の注文はなるべく早めに行う様にしましょう。できれば7日前までに連絡することが大事です。
すぐに組み立てを行うことが出来ないということと、焦らずに安全な組み立てを行うためにも重要です。
そして指定日に工事が出来なくなってしまった場合は遅くても前日の午前中までに連絡を行わななければいけません。すぐに組み立てを中止することが難しいからです。
そして組み立てを行う際にはその工事の状況をしっかりと把握しておかなければなりません。そのために現場状況を詳しく企業に知らせる必要があります。
たとえば立面図、平面図、短計図、配置図等を用意する必要がでてきます。組み立ての際にはこのような図を参考にしながら行います。
実際に足場を組み立てる際には工事に必要な材木や建材は足場組立の近くにおかない様にしましょう。怪我や事故の元となってしまします。
足場が完成した後にもし足場が外されてしまった場合には必ず復旧する必要があります。少しでも足場が崩れてしまうことによって全体が崩れてしまう事もあるからです。
この様に足場のレンタルを行う際にはしっかりと現場の状況を伝え、そして常に安全管理をしっかりと行う必要があるのです。

完成後の注意

足場のレンタルを行い、足場が完成した後に、勝手に足場外さないようにしましょう。もし外れてしまった場合には早急に復旧するようにしなければ大きな事故に繋がる恐れもあります。

Read More